読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時間の使い方について

hi!

今回は「時間の使い方」についてです。

爆破は時間の使い方が非常に重要です。僕目線から見ていると毎試合「時間の使い方もったいないなー。」って思うばかりです。

時間の使い方を意識していくだけでもかなり動きが違ってくるので、今回は基本ルールから詳しく説明していきたいと思います。

 

 

 

爆破の勝利条件、敗北条件

爆破のラウンド勝利条件をまず確認しましょう。

攻め側

  • 制限時間までに敵を全滅させる(設置する前、後を含む)
  • 制限時間までにc4を設置し、爆破成功する

守り側

  • 設置される前に敵を全滅させる
  • 制限時間切れ(相手が設置しなかった)
  • 設置されたc4を解除した(相手の生存は関係ない)

です。

よく「キル厨」とされる人達は、敵を全滅させる事を重視しすぎているため、c4関係の駆け引きが弱い傾向にあります。爆破はキルが全てではないので頭を使っていきまょう。

では逆に、敗北条件を確認してみましょう。

攻め側

  • 設置する前に全滅した
  • 制限時間までに設置できなかった
  • 設置したc4を解除された(味方の生存は関係ない)

守り側

  • 全滅した(設置の有無は関係ない)
  • 設置されたc4を解除できなかった

当たり前ですが、勝敗条件は相互関係にあるので攻め側の勝利条件=守り側の敗北条件となり、逆もしかりです。

ただ、敗北条件を確認することによって、

 

負けない選択

 

が見えてきます。要するに、敗北条件だけは避けるようにすれば、劣性でも勝つ可能性は残るわけです。

今回わざわざ確認したのは、それを理解していない人が多いので、自分で勝つ可能性を消す行動をしていたことを自覚してもらおうと思ったためです。

例をあげるならば、残り1vs1の守り側の状況で、解除が間に合うギリギリの時間でも解除しない人。たとえ、解除してた所に突っ込まれて死んだとしても、解除をしないことには敵を倒そうが勝利条件は満たせないのです。そういうとこ。

 

 

 

爆破の時間管理

さて、本題の爆破における時間の使い方についてです。

 

爆破は1ラウンドの制限時間が2分30秒あります。

攻守の視点でこの時間を考えていきましょう。

 

攻め側

先ほどの勝利条件から、攻め側はこの時間までに相手を全滅させるか設置する必要があります。

全滅させる事は説明を省きます。では、2分30秒までにどう設置まで持って行くか?です。

必要な時間を逆算していって、まず最低限必要な時間を把握しましょう。

2分30秒までに設置する必要があるので、設置にかかる2.5秒を差し引いて、およし2分27秒。設置するためには、設置ポイントを確保する必要があるため、余分に時間をみて突入から30秒ほどとします。

となると、だいたい残り30秒には最低でも仕掛けていかなければ、設置する事が難しくなるわけです。

ただ、これは最低条件であって、あまりこの時間に近づきすぎると、守り側からすれば本体がどちらにいるのかがモロバレになるので、相手のシフトが早くなります。なので、理想としては1分以上の余裕は欲しいところです。

 

守り側

守り側は、c4を設置されるまでの2分30秒は、攻め側よりは時間を気にしなくても大丈夫です。その代わり、相手を削って人数差を作り攻め難い状況を作ったり、相手が設置ポイントを取りに来たら一早くシフトして、設置ポイント奪取又は設置を阻止する事に尽力しなければいけません。

残り時間ギリギリで相手が設置しようとしていたら、味方が全滅しない限り設置を阻止できれば勝ちだということも頭に入れておいてください。

 

 

 

 

では続いて、c4設置から爆破までの40秒について考えていきましょう。

 

攻め側

2分30秒までに設置してしまえば、あとはこの40秒を使って勝ちにいかなければなりません。

守り側が解除するためには、6.5秒必要なので、相手がシフトしてくる時間を考慮して、残り25秒ほど。

相手は残り7秒までには解除に入らないといけないません。

分かりやすく、1vs1の状況だとして駆け引きの説明をしてみます。

前提として、解除中は基本移動できず銃を撃つこともできませんから、足音や銃声等相手の音がしていたら解除はしていないということを頭に置いておいてください。

残り25秒から設置ポイントを開けたとして、相手は中のクリアリングに10秒使ったとします。(この時相手は音をたてていたとする。)

そうすれば、残り15秒。

ここから音が無くなって解除に入ったとしたら、解除が終わるのは8秒頃。

解除が怖いなら残り10秒頃には一度解除していないか確認したいところ。

解除していないのが確認できたら、もう7秒解除が終わるまでの時間が延長されるので、次に解除させるのは残り3秒頃。

残り6.5秒を切った段階で相手が解除していなければ、その時点で勝ち確定です。

このように、いかに解除が不可能な時間まで追い込むかが勝利の鍵です。

 

これは文章で説明するのが非常に難しくて、たぶん理解仕切れない人も多いと思うので、詳しく聞きたい場合は放送等で質問してください!私の文章力の限界です。

 

 

守り側

守りは設置されるまでは時間はあまり気にせずに行けましたが、設置されてからは時間との勝負です。

c4設置されてから残り40秒。

シフト含めて残り25秒とする。

1vs1だとすると、解除には6.5秒かかるため、8秒ぐらいまでには敵を倒して解除に入らなければいけません。

となるとかけられる時間は残り17秒。この時間までに敵を倒す必要があります。

もし敵が二人なら一人にかけられる時間は半分の約8秒。

三人なら約5秒。

どうです?時間が無いなってわかりました?

味方が残っていれば守ってもらいながら解除という手段もありますが、確実に解除できるのは敵を全滅させた場合のみです。

 

 

 

 

 

まとめ

攻めも守りも時間管理はかなり重要な要素です。

ただ残り時間を見るのではなくて、勝つためにはあとどれぐらい猶予があるのかを常に逆算しながら、それに間に合うように動かなければいけません。

これができないと、自分から勝つ可能性を消す動きをしてしまいます。

また、音を消すなどして、相手に「解除しているかも」と思わせて、誘う動きも必要です。

心理戦を制して駆け引きに勝ちましょう。

心理戦について書ききれなかったので、また記事にしたいと思います。

では、今回はこのへんで。

質問や応援コメント待ってます!XD